小型発電機のレンタル情報局

屋台での使用

春のお花見から始まって、夏の縁日、秋の紅葉シーズンなど、ほとんど一年中屋台を見かける機会がありますね。
各地のお祭りなどに旅行に行っても、屋台が沢山並んでいます。
また文化祭などでも模擬店として屋台はありますし、実際に屋台をやったことがあるという方も多いのではないでしょうか。
ここでは屋台を開く際に大活躍する、小型発電機について見ていきましょう。

 

屋台では電源の確保が難しい
屋台は普通のお店のように室内で販売をするわけではありません。
したがってまずは電力を確保することが重要になってきます。
でも一年中屋台を出しているわけでなければ、発電機を購入するのは費用も高くついてしまいます。
そんなときには小型発電機レンタルが便利で、発電機を屋台を出す場所まで届けてくれます。
発電機は1日のレンタルから1〜2週間単位のレンタルが多いのですが、中には1ヶ月単位でレンタルしてくれる業者もあります。

 

屋台で小型発電機が活躍する場面:食べ物編
では実際に屋台のどんな場面で小型発電機が活躍するのでしょうか?
まずは鉄板焼きや焼きそばなどに使用する鉄板です。
鉄板は1枚で約800wほどの電力を使用するので、1000〜2000wほどの小型発電機でも十分に電力をまかなえます。
また鯛焼き器やたこ焼き器を使用する場合も最低800wの電力が必要です。
さらにかき氷機が200w、綿あめ機が1000w程度と、小型発電機があれば十分に屋台を開くことができます。

 

屋台で小型発電機が活躍する場面:食べ物以外
屋台にあるのは食べ物屋だけではありません。
金魚すくいや射的なども定番ですね。
金魚すくいに使用する水槽の水が循環するようにするには、100wほどの電力を消費します。
また射的でも、景品のお菓子やおもちゃを置いている台が動くように、モーターを使用する場合もあります。

 

上記以外にも、屋台ではランプやライトなども使用するので、そのことも考慮に入れなくてはいけません。
ですので、小型発電機の中でも比較的発電量が多い機種を使用することをおすすめします。



DUSTEX
ハートフルマリアージュ
all-field
ビオクラスタイル オンラインショップ
Dear's
Balloon World